« 2016年7月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月

2021年2月26日 (金)

ヒラメちゃん

検索等で「朝月希和」さんのことだと思ってここへ来られた方、今からでも遅くないのでここを立ち去ることをお勧めします(笑)。(そんな方はいらっしゃらないとは思いますが念のため)

今から43年前の2月の初め。大学3年生だった私は卒表研究のテーマを決める為に、あちらこちらのゼミを回っておりました。その時訪れたゼミの一つがK教授の研究室。K教授の研究室は真鯛(申し遅れましたが私は水産関係の学科におりました)の研究をされていることが学内で知られており、そちらは5名が決まっていましたけれど、今年からヒラメの研究を始めるとのこと。面白そうだったので話しを聞いてそれに決めました。ヒラメ担当は4名。

そこから怒涛の一年が始まりました。2月の終わりには布団と着替えを積んで、軽トラックで神奈川県の城ケ島にある水産試験場へ。半年間の泊まり込み生活の始まりでした。ヒラメの4名だけでなく真鯛の5名も水試にお世話になることに。

まずはヒラメの卵を入手するために、横須賀市長井の漁港へ連日通いました。当時は大げさでなく座布団サイズのヒラメが普通に獲れており、通いながら卵巣の成熟具合などを観察し時を待ったものです。毎日ヒラメを見ていると、顔つきで雌雄が判別できるようになることにちょっと驚きました。そしていよいよその日がやってきました。

雌のヒラメから卵を絞り出し、雄のヒラメの精子をかける。多少力づくのところはありましたが、なんせ当時は参考になる文献が国内でも海外でも皆無に近い状態で、すべてが手探りでした。孵化に成功しても(かなり確率は低かったと思います)仔魚は何を食べるのかもよくわからず、取りあえず真鯛と同じ方法で飼育を開始。

左ヒラメの右カレイなどと言われ、ヒラメもカレイも目が一方に寄って水底に張り付いて生活するようになりますが、孵化後しばらくは目が両側にあり水中をひらひらと泳ぐのです。泳いでいる時の飼育はまだ楽でした。底についてしまうと種々の問題が発生。

続きを読む "ヒラメちゃん"

| | コメント (0)

2021年2月24日 (水)

最近の生活について

「仕事を辞めると暇だぞー!何か考えとけよ」と先輩諸氏(会社の先輩や学生時代の先輩)がおっしゃっていたのですが、その時にならないと何もしない計画性の無い男なので、仕事から離れるまで特に何も考えていませんでした。

いざ仕事を離れてみると、、、やりたい事って結構あるじゃん!(じゃん?)

仕事をしている時はともかく余裕がありませんでした。精神的にも体力的にも。それが無くなって老けてしまう方もいらっしゃるようですが、私の場合は違ったようで。仕事を離れて8ヵ月近く経つのに未だに浮かれ気分でございます(それはいいことなのか?)。

収入は一時の1/4以下に落ち込みましたけれど案外なんとかなるもの。私の場合はお酒をあまり飲まなくなったことが大きいですね。宝塚にもそんなに回数は多くないけれど通えてるし(笑)。

さて明日は星組の「ロミオとジュリエット」を大劇場で観劇。会社時代の後輩(60歳・おっさん)と、ちょっと(かなり)絵面の悪い二人連れです。彼は宝塚初見なのでどんな反応が返ってくるのか楽しみなり。

| | コメント (0)

2021年2月23日 (火)

お久しぶりです

お久しぶりですって誰に言っているのだろう?(笑)

4年半ぶりの再開です。

新型コロナウイルスのおかげで生活は一変しましたけれど、それ以外でこの4年半で個人的に変わったことといえば…。

「65歳になったのを機に仕事から完全に離れた」

「車を買い替えた(中古車ですけど)」

「Bリーグが始まり、試合会場に足を運ぶようになった」

「酒をあまり飲まなくなった」

「痩せない」←おい!

等々ありますが、一番変わったことといえば、たぶん一生行くことは無いと思っていた宝塚歌劇を観に行くようになったことでしょう。

変われば変わるものです(他人事)。

続きを読む "お久しぶりです"

| | コメント (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2021年3月 »