« 野口久光 シネマ・グラフィックス展 | トップページ | 最近の生活について »

2021年2月23日 (火)

お久しぶりです

お久しぶりですって誰に言っているのだろう?(笑)

4年半ぶりの再開です。

新型コロナウイルスのおかげで生活は一変しましたけれど、それ以外でこの4年半で個人的に変わったことといえば…。

「65歳になったのを機に仕事から完全に離れた」

「車を買い替えた(中古車ですけど)」

「Bリーグが始まり、試合会場に足を運ぶようになった」

「酒をあまり飲まなくなった」

「痩せない」←おい!

等々ありますが、一番変わったことといえば、たぶん一生行くことは無いと思っていた宝塚歌劇を観に行くようになったことでしょう。

変われば変わるものです(他人事)。

思い起こしてみると、阪急電車の沿線に結構長く住んでいた割には、周囲に宝塚歌劇に興味を持つ人は誰もいませんでした。特にうちの家族は無関心。ま、うちはB型の典型のような家族だったので(弟だけO型)宝塚に限らず興味のないものは全く無視でしたが。阪急の駅や電車にはいつも歌劇のポスターがあったので、もちろん存在自体は知っていましたが「あれって女の人が見るもんだよね」という意識が強くて、行ってみたいと思ったことは一度もありませんでした。

それがまた何で?

謎です(笑)

いやいや、きっかけは幾つかあったのです。一つは仕事から離れたことで時間の余裕ができたこと。一つは飲み友だち兼落語友だちにヅカオタさんがいらっしゃったこと。そして決定打はあーちゃん(綺咲愛里さん)の写真(宝塚歌劇退団後の)を見てしまったこと。カワイイんだこれが(←いい歳して)

カワイイは正義だと思い知りました(笑)。

そこから色々あって、昨年の9月末に初めて宝塚大劇場で月組公演を生観劇。宙組、雪組、星組と大劇場で観てすっかりハマってしまいました。残る花組は外部(梅田芸術劇場)で一度観ましたが、大劇場公演は4月までお預け。いや~楽しいわ~♪

あーちゃんが在団中ならば、あーちゃん一筋になったかもしれませんが、今はもう皆さん素敵過ぎて誰かを贔屓するなんて、、、私にはできない(笑)。

あーちゃんと、私を引きずりこんでくれたヅカオタさんに感謝の日々です。

|

« 野口久光 シネマ・グラフィックス展 | トップページ | 最近の生活について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 野口久光 シネマ・グラフィックス展 | トップページ | 最近の生活について »